子供の発達を調べよう

障害がある可能性

周りの子供と比べて異なる点が多かった際は、発達障害を疑ってください。
自分の子は発達障害かもしれないとずっと悩んでいるとストレスになりますし、育て方を間違えてしまうかもしれません。
早めにこれからの子育てを決めるためにも、本格的に相談した方が良いです。
その時は発達相談窓口や、発達支援センターを活用しましょう。

そこは子供の発達を専門に、相談に応じてくれます。
他の施設では、発達に知識を持っているスタッフがいないかもしれないので正しいことがわかりません。
もし相談して疑わしい部分が多かった場合は病院に行って、詳しく調べてもらうことをおすすめします。
早めに子供が発達障害であることを受け入れて、子育てに専念しましょう。

どのように育てるのか

急に自分の子供が発達障害であることがわかると、無事に育てていけるのか不安を抱く人が見られます。
またショックを受けるかもしれませんが、発達相談窓口でアドバイスをもらってください。
アドバイスを参考に子育てを続けることで、うまく育てられるはずです。
わからないことがたくさん出るでしょうし、育児書などが参考にならない場合もあります。

何でも良いので、発達相談窓口や支援センターに相談しましょう。
いつ相談できるのか、時間を確認してください。
夜は、相談できないところも多いです。
また相談する際は、疑問を解決できるよう聞きたいことをメモにまとめたり、整理したりしてから電話するのが良い方法です。
すると、スムーズに質問できます。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る